Ulla Procope

Ulla Procope[ウラ・プロコペ]

 

 

1921-1968 フィンランド

デザイナー。陶芸家としてヘルシンキのCentral School of Arts and Crafts を卒業。1948年にArabia社に入社。Kaj Franck(カイ・フランク)、Kaarina Aho(カーリナ・アホ)と同時期に活躍した。

代表作に、Ruska(ルスカ)、Valencia(バレンシア)、Liekki(リエッキ)シリーズなどがある。ルスカシリーズは、フィンランドの短い夏から長い冬が始まるひとときの紅葉を表現しており、日本的な色、デザイン、フォルムを持ち、懐かしさが感じられる。

コバルトブルーのハンドペイントが美しいバレンシアシリーズは、40年以上もの長きに渡り作られ、幅広い層に受け入れられた。

耐熱ウェアとして発売されたリエッキシリーズは、その機能性に合わせて蓋や持ち手の付いたアイテムが作られた。

また、彼女がフォルムデザインをし、ルスカシリーズで使われたSモデルと呼ばれる形は、デコレーション違いで様々なシリーズが登場した。

Sモデルのシリーズのなかには、Gunvor Olin-Gronqvist(グンヴァル・オリン=グラングヴィスト)が装飾デザインをしたKosmos(コスモス)や、Esteri Tomula(エステリ・トムラ)が装飾を手がけたFlora(フローラ)シリーズなど、装飾デザイナーとの共作シリーズもある。

Arabia社のデザイナーとしては、1968年までの約20年間という短い活動期間だったが、現在でも色褪せない素朴であたたかみのある数々のヒット作を残した。

セールスにおいても成功し、多くのシリーズは長い間製造されることとなる。

1957年のミラノトリエンナーレで、ディプロム・ドノール賞を受賞。

 

 


ARUP009    W21.8cm / D13cm / H15.5cm(蓋ツマミまで)

 

 

 

ARUP012_web

ARUP012     Cup: W9.2cm / D7.5cm / H5cm

                  Saucer: W11.5cm / D11.5cm / H1.5cm

 

 

 

ARUP015_web

ARUP015     W19.5cm / H1.9cm